大気測定・空気測定

大気測定・空気測定のご案内

作業環境測定

室内空気環境測定(シックハウス)

シックハウス、シックスクール、シックビルディングの化学物質調査や学校、公共施設の新築・改装後の室内空気評価を行います。厚生労働省の室内空気中化学物質の簡易測定・複数箇所測定など、標準的測定方法などにより精密測定・多様なご要望に対応可能です。

  • 測定項目
    パッシブサンプラー(拡散法)により、下記★印の7項目の測定が可能です。 アクティブサンプラーにより、下記△印の9項目の測定が可能です。
    ※フタル酸類の測定も行っています。
VOC(揮発性有機化合物)の基準値および目標値等
VOC(揮発性有機化合物) 厚生労働省 文部科学省 国土交通省 発生源
化合物質名 室内濃度指針値
ug/m³(ppm)
学校環境衛生基準 品確法 建築基準法
★△1 ホルムアルデヒド 100(0.08) 100(0.08) 必ず測定 放散速度による等級区分 プラスチック原料、接着剤
★△2 アセトプルデヒド 48(0.03) - - - 接着剤、防腐剤
★△3 トルエン 260(0.07) 260(0.07) 当事者間で取り決め - 溶剤、塗料、接着剤
★△4 キシレン 870(0.20) 870(0.20) 当事者間で取り決め - 溶剤、塗料、接着剤
★△5 パラジクロロベンゼン 240(0.04) 240(0.04) - - 防虫剤、防臭剤
★△6 エチルベンゼン 3800(0.88) 3800(0.88) 当事者間で取り決め - 溶剤、塗料、接着剤
★△7 スチレン 220(0.05) 220(0.05) 当事者間で取り決め - 樹脂、断熱材、畳の心材
△8 テトラデカン 330(0.04) - - - 塗料の溶剤、灯油
△9 ノナナール 41(7.0ppb) - - - 調合香料

特定建築物空気環境測定

特定建築物とは、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」に定める「不特定多数の人間が利用する相当程度の規模を有する建築物」です。

規模:延べ床面積 3,000m2以上(学校は8,000m2以上)
用途:学校、事務所、店舗、図書館、博物館・美術館、百貨店、興行場、集会場等

測定項目・基準値一覧表
測定項目 基準値
浮遊粉じん 0.15 mg/m³
一酸化炭素 10 ppm以下
二酸化炭素 1000 ppm以下
温度 17℃以上28℃以下
相対温度 40%以上70%以下
気流 0.5 m/s
ホルムアルデヒド 0.1 mg/m³以下*
*新築・大規模修繕・大規模模様替を行った時の最初の6~9月の間

騒音・振動測定

一般環境騒音・振動調査はもちろん、建築音響測定、道路・鉄道・航空機・建設作業・事務所など、様々な状況における騒音・振動の調査を行っています。

  • 建築音響測定
    「住宅品質確保促進法」(2000年4月施行)による住宅の性能表示基準に関する3つの規格に準拠し、住宅性能表示基準の音環境に関する遮音性能並びに残響時間を測定・分析します。
  • 特定建設作業
    くい打ち機等を使用する作業(特定建設作業)は大きな騒音や振動を発生させることから、法律及び条令で規制されています。
    特定建設作業
    特定建設作業に関する規制基準
    規制内容 区域区分 規制基準
    特定建設作業の場所の敷地境界における基準値 1号 騒音:85デジベル
    2号 振動:75デシベル
    作業可能時刻 1号 午前7時から午後7時
    2号 午前6時から午後10時
    最大作業時間 1号 1日あたり10時間
    2号 1日あたり14時間
    最大作業期間 1号 連続6日間
    2号
    作業日 1号 日曜その他の休日を除く日
    2号
  • 工場及び事業場
    工場及び事業場とは、事業活動を行っているところを広く指します。マンションなど住宅は含まれませんが、学校、病院、資材置き場、飲食店、ピアノ教室なども事業場にあたります。 工場及び事業場は、その敷地境界線上で規制基準を守らなければなりません。
    工場及び事業場
    騒音に係る規制基準
    時間・区域の区分 朝(午前6時~午前8時) 昼間 夜間
    夕(午後6時~午後9時) (午前8時~午後6時) (午後9時~翌日午前6時)
    第1・2種低層住居専用地域 45デシベル 50デシベル 40デシベル
    第1・2種中高層住居専用地域、第1・2種低住居地域、準住居地域、市街化調整区域など 50デシベル 55デシベル 45デシベル
    近隣商業地域、商業地域、準工業地域 60デシベル 65デシベル 55デシベル
    工業地域、工業専用地域など 65デシベル 70デシベル 60デシベル
    工業地域、工業専用地域などで学校・病院等の周辺など 60デシベル 65デシベル 55デシベル
ページトップへ
Copyright(c) 日本環境分析センター株式会社 All Rights Reserved.