アスベスト(調査)の分析・調査

アスベスト(調査)の分析・調査のご案内

大阪府の分析機関として、建材中のアスベスト分析及び大気中のアスベスト濃度測定について豊富な経験と実績があります。

アスベストの分析

国内で調査対象物質となっている6種全てのアスベスト(クリソタイル、アモサイト、クロシドライト、アクチノライト、アンソフィライト)を分析しています。さらに、ISO法で分析対象となっているウィンチャイト、リヒテライトにも対応できます。

電子顕微鏡(SEM-EDX)にも対応

走査電子顕微鏡(SEM-EDS)による観察例(アモサイト ×1,000)

パーティカルカウンター
敷地境界(周辺屋外)
Aランク認定証

日本作業環境測定協会認定分析技術者

弊社では、社団法人 日本作業環境測定協会による石綿分析技術の評価事業(石綿分析に係るクロスチェック事業)にも参加し、同事業による「 Aランク認定分析技術者」が「建材製品中の石綿含有率分析」及び「建材製品中の石綿含有率測定」において、それぞれ2名在籍しています。

アスベスト診断士

また、日本石綿協会のアスベスト診断士も5名在籍しています。設計図書からアスベストの有無の判断、現地調査も行えます。

アスベスト(石綿)の建材分析

書面及び現場調査

建物に使用されているアスベスト建材を、竣工図書等の資料調査及び現地目視確認調査により特定します。

含有分析(定性・定量)

現地調査によって確認できない場合、試料を採取し位相差顕微鏡及びX線回折装置(JIS A1481)で分析をして判定します。
なお、ERA法、ISO法に準じた偏光顕微鏡、走査電子顕微鏡での分析も行っています。

  • 石綿(アスベスト)の種類
    分散染色法による確認例
クリソタイル クリソタイル
(屈折率 1.550)
アモサイト アモサイト
(屈折率 1.680)
クロシドライト クロシドライト
(屈折率 1.690)
トレモライト/アクチノライト トレモライト/アクチノライト
(屈折率 1.620)
アンソフィライトアンソフィライト
(屈折率 1.618)
リヒテライト/ウィンチャイト リヒテライト/ウィンチャイト
(屈折率 1.630)

アスベスト(石綿)の空気中濃度測定

工事に伴うアスベスト(石綿)濃度調査

パーティカルカウンター

アスベスト含有建材の除去、囲いこみ、封じ込めなどの工事実施時に空気中にアスベスト(石綿)が飛散していないことを確認します。
また、除塵装置の作動性能を、パーティカルカウンターを用いて測定します。
パーティカルカウンターを除塵装置の排気吹出し口に設置し、粉塵が除去されているかを作業前に確認します。

敷地境界(周辺屋外) 敷地境界(周辺屋外)
施工区域内〔作業中〕 施工区域内〔作業中〕

室内のアスベスト(石綿)濃度調査 -環境測定

事務所等、アスベストの含有が懸念される建材を使用している部屋、アスベストの除去をした後の部屋(効果確認)などの空気中にアスベストが飛散していないことを確認します。

室内の濃度測定
室内の濃度測定

主要石綿分析機器

  • 走査電子顕微鏡(SEM-EDX)
  • X線回折装置
  • 分散対物レンズ付位相差顕微鏡
  • 偏光顕微鏡
  • 低温灰化装置(プラズマリアクター)
  • ローボリュームサンプラー
電子顕微鏡JSA-6390A
エックス線回折装置RINT
ECLIPSE 80i
ページトップへ
Copyright(c) 日本環境分析センター株式会社 All Rights Reserved.